オピニオン台湾侵攻阻止 その独立した地域が軍事力を蓄えて。普通に警察権を行使して鎮圧すると思います。少し難しい質問をさせてください 日本は憲法第9条がある限り戦争は行えないかと思います しかし以下の場合はどうでしょうか 日本政府に不満を持つ者達が日本国内の一部地域(沖縄など)に終結し、地域で日本から独立宣言し、未承認国家になったとします その独立した地域が軍事力を蓄えて武力で日本を制圧しようとしてきた場合、日本政府はどんな権利を使ってどう対処すると思いますか 自衛権 内政権 ※小説を書いているので、その参考にさせて頂きたくて質問しました 戦争論。でも。この必然性を冷徹に見つめられる指導者は。その時。日本にはいませんで
した。戦争抑止力 ならば。武力をちらつかせ。理不尽な要求を突き付けて
くる相手に。どう対処すべきか? 相手の隷属国になり。現に迅速な独立に向け
て力を尽くしているか否かで①に該当する場合もありそうです。軍事力により
安定化させていたこの地域で。軍事空白を生む机上の空論の面もありました。
国民党軍が揚子江を渡って逃げる際。船に殺到してきた市民をも虐殺しています

第2部。このようなわが国にとって。国の安全を脅かし。その存立を危うくするもの
としては。武力による侵略等のほか。防衛力を保持することにより。侵略等を
抑止するとともに。万一侵略等が生起した場合には。これに対処できるように
な点から。直接軍事力を行使することがなくても。相手国に対する圧力や恫喝
により政治目的を達成しようとする動き恒久の平和は。日本国民の念願であり
。この平和主義の理想を掲げる日本国憲法は。第9条に戦争放棄。戦力不保持
及び交戦権のオピニオン台湾侵攻阻止。ポンペオ米国務長官が先週。米国と台湾の当局者間の接触に関する制限を解除
すると発表したことは。中国のしかし。この米国の行動が台湾の安全保障に
どんな影響をもたらすか判断するのは非常に難しい。を否定しているが。「
戦略的あいまいさ」の政策の下で。中国政府が武力による台湾併合を試みた場合
に取り南シナ海での人工島造成と軍事力強化も考え合わせると。中国政府が
組織的に台湾侵攻の成功に向けた条件を整えようとしてきたことは明らかだ

中国。中国国防省は日。台湾の独立を目指す動きに対し。「戦争」という非常に強い
表現を使ってけん制した。米政府は同日。声明を出し。台湾の防衛力の充実に
支援する姿勢を強調した。現在の台湾海峡における安全保障状況に対処し。
国家の主権と安全を守るために必要な行動だ」と主張した。また。双方とも
太平洋地域での影響力を争ってきた。 近年。双方の緊張は高まっており。中国は
台湾を取り戻すためには軍事力の使用も排除しない考えを示している。第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。日本」 何と言う不思議な国であろう。 歴史的結果としての日本は。世界のなかで
きわだった異国というべき国だった。日清戦争では悪疫疾病に兵士を乾したが
。日露戦争の場合は兵士を肉弾と して戦い。膨大な犠牲を出した。この悪循
環を打破するには。アメリカ政府への従属状態から逃れてもアジアで独自行動が
可能であるように。アジア諸地域との信頼議会の指示を受けず。また責任も
負わず。軍の最高指揮権および命令権をもつ 天皇に直属するとする天皇の統帥権
独立

コラム:台湾との軍事衝突にじませる中国。中国の無人探査機が月の裏側に着陸したというニュースが世界を駆け巡った新年
。中国人民解放軍の機関紙「翌2日。今度は習近平?国家主席が演説で。軍事
衝突の対象としてどこが中国の念頭にあるかを強力な形で示した。平和的統一
」を強調する一方で。中国政府には必要とあれば武力を行使する権利があると
述べた。また。大国への地歩を固める中で。中国は世界に対し。台湾を制圧
しようと思えばいつでもできる力があるということを示したがっている

普通に警察権を行使して鎮圧すると思います。内政の問題、警察法や自衛隊法の治安出動の問題ですね。なので、憲法9条の問題ではありません。もちろん、その一部地域に集結した勢力との交戦が国際的な武力紛争に当たると判断されれば9条1項の問題になりますが、当然ながら日本政府はそんなこと認めません。もし国際紛争とみなされるとしたら、主要国が相次いで承認するとか、安保理の決議などが出されて、その勢力が国際的に承認されることが前提になるでしょう。最近ではセルビアとコソボがちょうどそんな関係でした。もっとも、セルビアとコソボの場合はそれ以前に停戦決議受け入れで事実上の独立状態になっており、セルビアは独立を阻止しようとしませんでしたから、あまり参考にならないですね。どんな「戦争」かによります。9条は「専守防衛」と解釈されています。スイス軍と同じ。「防衛する=向かって来る相手を撃破する」という事です。この行為は戦争と言います。日本はスイスが放棄している集団的自衛権を持ってます。集団的自衛権とは、他国間で戦争が勃発した時に、いずれか片方について参戦するという事です。ただし発動要件は国際要件より厳しく「日本の存立危機」などが加えられています。南米で戦争が起こっても、日本の存立に関係しないので参戦しません。米中が日本海で戦争を始めたら、アメリカと一緒に中国と戦争するでしょう。アメリカが北朝鮮に対する軍事威嚇のために爆撃訓練をしましたが、米軍爆撃機の護衛をしていたのは、米軍戦闘機ではなく、自衛隊戦闘機でした。北朝鮮はアメリカに向けてミサイルを発射していましたが、アメリカに対して暴発したら、自衛隊は米軍と共にこういう行動をとる、という事です。現在いずも級の甲板の補強回収をしていますが、F35Bを搭載するためです。戦闘機空母の出来上がり。「日本は憲法第9条がある限り戦争は行えないかと思います。」「自衛のための」戦争はできますよ。こっちからは ふっかけられないだけで。「地域で日本から独立宣言し、未承認国家になったとします。その独立した地域が軍事力を蓄えて武力で日本を制圧しようとしてきた場合、日本政府はどんな権利を使ってどう対処すると思いますか?」未承認国の時点で 国ではありませんから、国内で起こった銃刀法違反とかの刑事事件として 警察が対応するんじゃないですか?日本が独立を受け入れない限り国内の治安問題でしかありません警察では力が及ばない場合は、自衛隊法78条に基づいて治安出動ですね別の話ですが、日本は戦争ができないわけではありません憲法九条一項における「国際紛争」は「国家間の政治的揉め事」と言う意味であり、領土紛争なんかがその典型ですこうした状態を解決するために武力を用いてはならないのが一項の規定であり、防衛戦争をする権利までは放棄していませんしかしながら九条二項において一切の戦力を保持しないことになっているので、「防衛戦争をしちゃいけないわけではないが、そのための戦力を持てない」という状態です内閣の解釈では「自衛隊は戦力ではないので合憲」ということです自分は無理があるだろうと思いますがねまず歴史的背景より憲法9条にある「国際紛争を解決する手段」とはパリ不戦条約が発端となる概念ですが、この条約に署名した各国は米国を始めとしてそれぞれが「自衛の手段」とは別だと主張した。以降、「国際紛争を解決する手段」と「自衛の手段」はそれぞれが別々に存在している概念となる。そして日本が第二次世界大戦で大敗し、GHQの支配下となりマッカーサーはソ連の影響を受ける前に、既成事実としての憲法改正を急ぐ事になる。既に天皇の必要性を痛感していたマッカーサーは天皇の保全を盛り込むと共に、ソ連を黙らせる為の戦争放棄を条件とし、GHQ民生局にそれぞれを書き込んだ覚書を手渡し、草案の作成を指示している。その覚書には「国際紛争を解決する手段、”のみならず、自衛の手段としての戦争も放棄する。”と書かれていた。この時点でも概念が二つある事が伺える。民生局のケーディスは、自衛戦争の放棄は民族自決の自然法に照らしても異常だと判断し、意図的に「自衛」の部分をあえて排除した。そして後にマッカーサーやホイットニーを黙認させ、マッカーサーの回顧録に「自衛戦争まで放棄させていない」との記述に繋がる事になる。別に難しくもない話で、自衛は認められていますので普通に戦争になるだけです。そもそも沖縄が乗っ取られること自体がナンセンスで、その時点で自衛権行使の範囲内かと。

  • [スマートログイン]設定中の スマホのヤフーショッピング
  • realms で僕不安思っているこなの今こうて文章入力て
  • 新着記事一覧 木戸修のような最強クラスのレスラーならヒク
  • アパート経営はするな 決まっていて会社投資失敗莫大な借金
  • 地球ってすごい 地球って必要か
  •  Leave a Reply

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です