地球外生命?発見 あるいは全く別の未知の生き物が生きてる。我々の住む地球が有る。?宇宙は無限と聞きますが
やはり果ては、ないのでしょうか

?現在見付かってないだけで
とても遠い場所に、
地球のように人間、動物…
あるいは全く別の未知の生き物が生きてる星
あ ると思いますか \(^o^)/「生物がいる可能性が高い太陽系内の星」トップ5。太陽系内で。地球外生命体が存在するとしたらどの星だろう。可能性が高いと見
られているつの惑星とつの衛星を紹介。宇宙がいつか滅びるならなぜ進歩する意味があるのか。人間の活動により大気中に増えた二酸化炭素による温室効果で引き起こされて
いると考えられています。ご存知のようにもしかしたら。人が生きる意味。
人間が宇宙に存在する意味なんて。大してないのかもしれません。実は私たち
が知っている限り。今地球上にいるすべての生き物のは。同じ材料からでき
て。同じような形をしており。全く同じ部分も持っています。人間。

地球だけに生き物がいるのはなぜですか。ところが。その「あまり大きくないちがい」が。3つの惑星の環境をまったく
ちがったものにしている。地球がおだやかな環境にめぐまれ。生物が生きて
いけるのは。太陽からのきょりがちょうどよくて。暑すぎることも寒すぎること
も第6回。生物多様性は複数の側面を持ち合わせているが。とりあえず地球上にいろいろな
生き物がいること。と考えておいていいだろう。地球以外の星に生命が存在
するのかということは。大問題であり。また未知の問題である。膨大にあり。
それらを含めると。1000万種とも3000万種とも。あるいは一億ぐらい
いるのではないかとも言われている。ツバメはシジュウカラとはまったく違っ
ている。生態系の一部として私たちは存在し。システムが崩壊しては生きられ
ない。

いま。ここ年で地球外生命体が存在しうる天体はいくつも発見されている。なかでも
。その可能性が高いと言われる火星には。世界各国が探査機を打ち上げている。
探求が進むとともに進化するのは。サイエンス?フィクションの独特の進化を遂げてきた深海に棲む生物たちの世界。深海生物学者の藤原義弘氏に。深海生物の生態や進化のプロセスを教えてもらい
ました。彼らが光のほとんど届かないところでどのように生を営んでいるのか
。私たちにとっては未知の世界である。海底に沈んだここに集まる生物群集は
。ほかとはまったく異なる生態系を形成しています。そして次第に。彼らが
硫化水素やメタンを利用して生きていることがわかってきました。

「地球外生命?発見。宇宙生物学」の第一人者。東工大教授?関根康人氏に最新情報を聞く未知との
遭遇”が間もなく?今も生きている可能性もありますが。正確に言うと“生命の
痕跡”。その後火星には水がなくなり。砂漠化してしまったが。億年前に
火星が地球とまったく同じ環境だった生きている星だからこそ。生命も存在
できるのだ。地球外生命がどのように滅びたか。あるいは何千年も生き続けて
いるか調べることは。我々の生き方を見つけることでもあるという。

我々の住む地球が有る 天の川銀河だけで 約2千億個の星が有るそうでその銀河が数千億個もあるそうですが それは人類が知り得る宇宙の僅か数パーセントだそうです????我々と同じ??いや それ以上の英知を持った生き物の居る星は必ず有るでしょう?どんな姿をして どんな文明や科学が発達して居るのか知りたいですね?光速で1.3秒凸凹で付く 月に行くのがやっとの人類???その光速で行っても 数千億光年っと言う途轍も無く遠い広大な宇宙は絶対に征服出来ないし 本当の事は解る筈が無いのも事実です。宇宙人???我々人類も間違いなく 宇宙人なのですが 他の惑星に住む宇宙人が人類を見たら 気持悪い姿形をして居るんでしょうねwww?頭に変なモヤモヤした物を生やして 目玉が二個あり中央の盛り上がった部分に小さな穴が二個開いていて その下には開閉する大きな穴が有り中には白色の硬い物が整列して居て その穴から変な音を出す????気持わる~~~ってなモンよ 多分ねwww私は空間は元から無限の広がりを思っています。それで果てはない事になります。しかし物質の広がっている限界があるので、そこを果てと見ていいと思うのです。ところで人は私は神が創ったと思っていて、神の思いがあれば何処にでも地球に似た環境では人のようなものを創っていても、可笑しくないと思っています。こういう事で回答しているので載せてみます。なお世の中コロナ騒ぎです物騒です。これに付いて書かせて頂きます。自分の体に免疫抗体を作れます。コロナの場合初めて現れたウイルスなので、自分の体内で作られるという事になります。 既に体内に入ってしまうと、若い人ほど罹っても回復出来るのは体力の問題と思います。年配や体に持病などあって弱っていると、負けて重篤や死に至る訳です。それでコロナウイルスを体にいさせながら、そこから回復させるのでは、出来るだけこのウイスを弱くさせて置く事だと思います。それでこの入って来るウイルの量を少なくさせておけば、年配でもいいと思うのです。それで私が考えているのは、咳やタンをするのなら、ビニール袋に出すといいと思うのです。家ですると家族にうつす可能性も少し減ります。食物密封で口が閉まる型です。あるいは普通のビニール袋でも、ピチッと止める棒状の物があれば便利と思います。100円ショップで売っていると思います。タンが溜まると、シッカリ閉じて捨てます。少なくてももしコロナであっても、少しは体から出ます。下手に風邪薬などで止めない方がいいと思うのです。熱も体の防御作用で出ているので、これを下げる事はこの防御の力が衰えて出る菌も少なくなる気がします。熱の為に生き死にする影響があるようなら仕方がないでしょうけれど、これでなければ安易に熱さましの方法は取らないという事です。レジ袋では漏れたり破れたりするので、それは使わない方がいいです。なおもしコロナに罹っていた場合に、検査の為に最後の袋は取っておいた方がいいと思います。袋に濡れた布切れでも入れて置いて、そこで咳を入れると布切れに付着して、口を閉める時に空気を出すと割と空気だけ出る可能性が多くなると思います。年寄の人は咳をする力も弱いので、肺に悪い物が残りやすく、若くなるほど咳の力も強く出す事で重症化が防げていると思います。ビニールの中に咳を入れる事で強く出せるし、薬で止めようとする必要もなくなる訳です。コロナに陽性だった人は、人で違いが出るようですが、咳が殆ど出なかったという人もいます。軽く咳が出ていたと言っている人もいます。呼吸が出来ない程苦しくなって行くそうです。上で述べたように咳や痰が出る症状は、寧ろ絶好の機会と思います。もしコロナウイルスが肺に入っていれば、出す事が出来るからです。咳や痰を薬で止める事は、その機会を失います。風邪等でこれらが出るのは、体の浄化作用です。体にある悪い物を出そうとする働きがあるのです。元々この働きがあるのを、薬で止めようとする習慣が普通になっていて気が付かないでいます。呼吸でもウイルスは出ると思うので、時々の窓開け換気は必要と思います。出来るだけ出せる時に出すという意味です。年寄りになる程、体力が劣ってコロナウイルスを出す力が弱まります。この量で肺が持たないのです。若い内は体力があるので、ある程度の量でも持ちますが、それでも量が多くなるほど若い人でも重篤になる可能性もあるし、死ぬかもしれません。このウイルを撃退出来る薬が未だない以上、体に抗体が出来るのを待つ以外にありません。それでこれと戦う事を長引かせます。少ない量では耐えられますが、量が多いと耐えれない人が出て死ぬのです。人工呼吸器で耐えさせて、この間に体の中の抗体が出来る事で、回復できます。苦しくなったら、空咳でも出来るだけして出す努力をします。自分で先ずするのが一番です。まわりに迷惑が掛かると思って、咳止めなど飲むと、それが肺の中でウイルを増殖させる事になります。ビニル袋にする事は、周りにウイルスをそれ程散らばせません。窓開けや、外の部屋に移ってする事も出来ます。未だ耐性の薬が出来ていない以上、ウイルスは出来るだけ出すのが一番と思います。人に依っては咳も出ないで、ただ苦しくなっている人がいるという事です。年寄や体の弱っている人ほど、ウイルスに対す抵抗力少なく負けるものと思います。人工呼吸器を付けて体の耐性を待つだけになって、これがウイルスに勝つと体に免疫作用が出来ると思います。体がウイルスを殺す力が出来た為と思います。これで陽性だったものが陰性に変わると退院です。未だ咳が出る内は自分で出す事が出来るので、ビニール袋方法は有効と思います。それでも呼吸の内に外にも出ますから、時々の窓開けの換気は必要と思います。少し前頃30歳過ぎの海外の女性が、私のようになるという警告をしているテレビの場面でした。その人は病室で大きくビニールに囲まれていたのですが、苦しそうに中で咳込んでいたのです。それは彼女の周りには咳でウイルスを散らばしているのですから、また呼吸で自分で吸ってしまいます。せめてこの時にビニル袋を使う方法を取ればいいのにと思ったものでした。咳でウイルスを体内から出している大切さに注目すべきです。確認のしようが無い。という事ですね。もし宇宙の果てが存在するなら、じゃあその外側はどうなってるの?という事になりますし、我々の知識では、あるとも無いとも説明出来ない。宇宙のどこかに生物のいる星はあると思います。ただ、それが人型かどうかは難しいですし、言葉や文化を持っているかも難しいですね。物理学上、宇宙に果ては無いとして計算します。そのことを説明します。我々の宇宙とその外側のものとは、過去にも未来にもいかなる因果関係もありません。「①因果関係のないもの」があるか否かは哲学上の問題であり、物理学上①は無いと定義します。ですから、物理学上宇宙に端はないとして計算します。そのことを詳説します。この宇宙に端はあるのでしょうか。宇宙はビッグバンにより膨張しています。つまり、①天体は地球から真っ直ぐに後退しています。その後退速度は、地球からの距離に比例しています。これを「ハッブルの法則」と言います。この事実を説明するには、②ビッグバンにより物質である天体が四方八方へ飛び散っており、地球は未だその爆発の中心付近にあると考える他ありません。爆発の中心付近以外では、①のとおり観測されることはありません。しかしこれでは、地球が宇宙の中心となってしまうので、奇異に感じこれを回避するために、③宇宙空間自体が2倍3倍となる形で膨張しているとする説があります。しかし、これでは天体は真っ直ぐ後退するとは観測されません。何故なら、天体から地球に光が届くのに時間が掛るからです。時間が経過し天体が地球から遠ざかる程、地球に天体から光が届くのに時間を要する様になります。そうなると、天体が遠ざかる程、まだ宇宙が小さかった過去の天体を見ることになるので、その天体の仰角が時間の経過と共に小さくなって行きます。即ち、天体は地球から真っ直ぐに後退すると観測されません。これは観測事実に反するので、③はありません。もし、空間自体が膨張すると主張するのであれば、その仕組みを説明しなければなりません。しかし、それは誰にも出来ません。何故なら、空間には実体がないからです。実体のないものが変化する仕組みは、未来永劫説明不可能です。かつ、観測事実にも反します。ですから、②と考えるしかないのです。そして、ビッグバンの爆発力により点から宇宙が膨張しているのなら、必ずその端はあります。しかし、宇宙の端からは、遠すぎていかなる因果関係も地球に届きません。逆に、地球からの因果関係も届きません。因果関係の最速は光速です。即時に伝わる因果関係はないのです。従って、理論を構築する際、宇宙の端を計算に入れる必要がないことは明らかです。 以上の様に宇宙の端を知ることは出来ませんし、そこに行くことも出来ません。ですから、物理学上宇宙の外側を考える必要はないのです。詳細は、下記のホームページを参照下さい。また、宇宙人が居る確率はとても低いです。そのことを説明します。銀河系内に宇宙人が居る確率を求めます。まず、生命体が偶然に自然発生する確率を求めます。約40億年前に誕生した初期の細胞は、遺伝物質が脂質膜の袋で包まれただけの単純なものであり、この原始細胞が増殖し進化することで、高度で複雑な機構を持つ現代の生命に至ったと考えられています。そして最初の生命体は、①代謝系を有する②細胞という形状を有する③自己複製が可能であることが必要です。その生命体を作るには、アミノ酸、核酸、脂質等有機物が複雑に重合しなければなりません。アミノ酸の中でも、生体のタンパク質の構成ユニットとなるのは「α-アミノ酸」です。そして「α-アミノ酸」はRCHNH2COOH という構造を持ちます。また、核酸は、リボ核酸 RNAとデオキシリボ核酸 DNAの総称で生体高分子です。これらが集まり、ゲノム遺伝情報と細胞膜を作ります。海底火山の噴出口付近の高温?高圧の環境の元で、メタンやアンモニアから硫化水素の還元でアミノ酸などの有機物が作り出されました。そして、アミノ酸等が化学的にくっついたり離れたりして偶然に1つの生命体が約38億年前頃に誕生しました。その後、幾らアミノ酸が科学的に結合離反を繰り返しても、一度も生命体は誕生していません。ここから考えても、生命体の誕生は奇蹟であることが分かります。代謝系から逆算し最低限のゲノム遺伝物質を類推して、10万塩基対が必要とされています。塩基対は、水素結合によりアデニンとチミン、グアニンとシトシンとで形成されます。そうすると、自然に生命体のゲノムが誕生する確率=「1/4^100,000」=「1/10^60,205」となります。著名な天文学者であるフレッド?ホイル博士によると、最初の生命が偶然生まれる確率は、1/10^40,000です。これは、「小学校などにある25メートルプールにバラバラにした時計の部品を投げ込み、 水流だけで組立つ確率」や「がらくた置き場の上を竜巻が通過し、その中の物質からボーイング747ジェット機が組み立てられる確率」と同じ位奇蹟的なことです。次に、銀河系内でゲノムの自然合成が行われた回数を計算します。銀河系にある恒星の数は約2,000億個です。1つの恒星の周りを①生命が誕生する条件を満たす惑星が1個公転しているとしても、①の数は約2,000億個です。銀河系内でゲノムの合成が自然に行われた回数⑦=地球にある4つの塩基の数÷490,000×2個×38億年/49万対のゲノムが出来上がる時間×2,000億です。地球の生物の総重量は2兆トンです。これを全て塩基対の質量としてみましょう。1つの塩基の質量は5×10^-22gです。ですから、地球にある塩基の数は4×10^39個です。そして、49万対のゲノムが出来上がる時間を1分とします。すると⑦=4×10^39個÷490,000×2個×38億年×365日×24時間×60分×2,000億=1.630432×10^60回です。このとおり、銀河系でゲノムの合成が自然に行われた回数は「1.630432×10^60」回です。一方、生命体が自然に誕生する確率は「1/10^40,000」でした。したがって、銀河系内に宇宙人が居る確率は「1.630432×10^60」回÷「1/10^40,000」=1.630432×10^-39,940です。故に私は『銀河系内に宇宙人は居ない』と結論しました。では、宇宙全体ではどうでしょうか。地球に生命が誕生したのは、ごくありふれた現象でしょうか。それとも、地球は特殊な場所だったのでしょうか。宇宙は激しく膨張しています。一方、地球は宇宙背景輻射を基準にして370km/秒の比較的低速で移動していることが分かっています。また、ハッブルは天体が地球からの距離に比例した速さで後退していることを発見しました。これは、地球が膨張の中心にあることを示しています。中心以外の場所で見ると、こうはなりません。この様に、地球は宇宙の膨張の中心付近にあり、余り動いていないことが分かります。ですから、知的生命体が誕生出来たのです。中心付近から離れるにしたがって、物質はより速く移動します。そして、高速で移動する粒子は動き難くなります。これは加速器の実験で実証済みです。ビッグバンの中心付近にあり余り移動していない地球でさえ、生命が誕生するのに100億年掛りました。中心付近以外の高速で移動する天体では、生命が誕生するににそれよりも長い年月が掛ります。ですから、中心付近から離れるにしたがって知的生命体が誕生する確率は低くなって行きます。この様に考えると、ビッグバンの中心付近にある地球に知的生命体が誕生し、地球から天体を観測すると「ハッブルの法則」が成立するのは自然なことと思えます。「宇宙人は居るのか」について、下記のホームページを参照下さい。果ては有りますが、見ることはできません。物が見えるということは、そこで起こっている出来事の情報が光の粒によって地球まで運ばれて我々の観測機械が光を捉えなければなりません。しかし宇宙の果ては光の速さよりも爆速で地球から遠ざかっているので、光が地球に到達することはないのです。また、地球のような星は無数に存在しますし、生物も無数に存在すると思われます。その中には地球の生命に近い存在も居るでしょうね。光でさえも何万年とかかる先に壁があるかどうかなぞ考える気にもならないというのが一般論でしょうね、光は秒速30万km299792.458mすすむわけですが、分速1800万kmで時速10.8億km日速およそ260億km年速9.5兆kmで更にその何万倍の先にある惑星の更に先の話ですがね地球外生命体は存在していると思いますよ、宇宙にも水の存在が示唆されている氷が存在するわけですし地球人よりも進んだ文明を持っている可能性とて否めません地球のように人間、動物…あるいは全く別の未知の『生き物が生きてる星』ある。必ずあります。今、全世界の天文学者は、『未知の生き物が生きてる星』地球型星を探しています。なお、宇宙には『果て』は無い!!昔から『果てしない宇宙』と言ってます。『果てのある宇宙』とは誰も言いません。笑い

  • サイゼリヤ サイゼリヤでお持ち帰りのみするの珍いか
  • 白鵬の強さを検証 なぜ白鵬のまわ脱げるの誰期待ないの
  • エミュレータ やゲーム無料当たり前の時代ゆえ
  • 空腹時閲覧注意 キャビアイクラ丼食べたいか
  • ガードテープ トレーニング中お腹痛くなったり汗かいたりて
  •  Leave a Reply

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です