市長のことば 経済対策であちこち予算投入したり税金免除や。まず人それぞれで、経済なんかダメダメになっても命あってのモノ種と思う人もいるし、食えなくなるのに感染予防も無いもんだという人もいます。経済対策であちこち予算投入したり税金免除や延納出来るようにしたりすることと、力づくで新型コロナウィルスを抑え込もうとしていることって、矛盾していませんか 政府のしてることは火を消そうとしているけど、油も注いでいるようなもの

本当は、経済が死ぬか新型コロナで死ぬかと言う二者択一じゃないの 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置。令和2年4月日に閣議決定された新型コロナウイルス感染症緊急経済対策
における税制上の措置では。新型コロナウイルス感染症のわが国社会経済に
与える影響が甚大なものであることに鑑み。感染症及びその蔓延防止のための
措置の影響6。新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例
に関する法律令和年月日成立。を一時に納められない方には。税務署に
申請を行うことにより。原則として1年間納付を猶予し。延滞税が軽減又は免除
月日前に欠損事業年度の確定申告書を提出している場合の請求期限は。令和
年月日となります新型コロナ税特法内に。経済産業大臣の認定を受けた
経営力向上計画に基づき取得等をした一定の規模の設備について。指定事業の用
に供

税収予測における課題。現在の新型コロナウイルス感染症-の世界的流行パンデミック下
において。税収を予測することは困る想定を完全に。しかも整合的に活用する
とともに。不必要なバイアスを加えたり。あるいは不適切であると予想できる方
法にこの見解書ではまず。パンデミックが税収や税外収入に影響する主要な
経路や。それを予測にどのように織り込むかを税負担や弾性値は部門によって
異なるので。 の部門別構成の変化が通常より大きく変化している場合。歳入
の総務省。新型コロナウイルス感染症に関連する以下のようなケースに該当する場合は。
猶予制度を受けられる場合があります。申請に当たっては。納期限等をご確認の
うえ。お早めにお住まいの都道府県?市町村税務担当窓口へご相談ください

経済対策であちこち予算投入したり税金免除や延納出来るようにしたりすることと力づくで新型コロナウィルスを抑え込もうとしていることって矛盾していませんかの画像をすべて見る。経済対策であちこち予算投入したり税金免除や延納出来るようにし。経済対策であちこち予算投入したり税金免除や延納出来るようにしたりすること
と。力づくで新型コロナウィルスを抑え込もうとしていることって。矛盾してい市長のことば。本日。令和年度当初予算案をはじめ。関連諸議案のご審議をお願いする
にあたりまして。令和年度の市政運営の方針を新型コロナウイルス感染症の
影響により。個人市民税や法人市民税といった市税収入が減少する一方。大浜
体育館建替加えて。ひとり親世帯に対する支援として。孤立を防ぐための交流
会事業や。経済的に自立できるようにスキルアップの本日ご説明しました取組
を着実に行うことにより。コロナ禍と財政危機を乗り越え。現在策定作業を進め
ている「堺市

まず人それぞれで、経済なんかダメダメになっても命あってのモノ種と思う人もいるし、食えなくなるのに感染予防も無いもんだという人もいます。ただ言えることは、本気で感染拡散を抑え込もうとしたら人同士の交流が減るので、経済は死ぬに決まってるでしょう。サジ加減、舵取り加減の難しい話です。別に矛盾してはない。休業補償とかすればいいだけ。旅行券配るとか、消費者に金券配ってあちこち動かせるとか有害そのもの。現金給付、一律とかならまだ分かる。コロナが短期間に例えば1年とかなら生産者に給付して、ぜいたく品やアミューズメント等の必ずしも必要ではない技術や技能を維持したほうが良い。再建するほうが恐らくコスパ悪いし、途絶えるとバックアップできないかもしれないから。もしコロナが長く続くなら、そうした産業を保存する必要はないし、他の産業に資源を回すべきだから補助をやめていけばいい話。今の段階では分からないから、とりあえず一括で救済すればいいだけの話。ズルイ考え方をするなら、コロナを為すがままにしておき、普通の交流を行い、全く対策を取らず、平均寿命を下げる経済対策という考え方も出来るよね。乳幼児と若者は死なないんだから…江戸時代の平均寿命は50歳だったんだから…コロナは経済に有効という考え方は出来る。対応方法はおそらく4つです①免疫獲得②感染予防、防護③免疫獲得と感染予防、防護の使い分け④ワクチン、抗ウイルス薬の開発SARSは2002年に中国でアウトブレイクを引き起こしていますあれから18年経過しましたが現代でもワクチンや抗ウイルス薬は実用化されていませんそれでも人口の約半数が抗体を獲得すれば伝播しにくくなるため終息するのではと思います仮定に基づく試算をしてみると???仮に免疫獲得による終息までに人口の半数が感染すると仮定すれば1億3千万人÷2=6500万人の感染となります内、重症者を15%と仮定すると6500万人×0.1515%=975万人が重症 同様に致死率を1%と仮定すると6500万人×0.011%=65万人死亡 仮定に基づいて死亡率を計算すると65万人÷1億3千万人=0.0050.5%これは、200人に1人の割合です仮にこれが1年で起こると大惨事になります インフルエンザの超過死亡では1年間の死亡者数は1万人とも言われています ですから65万人の死亡でも7年以上に引き延ばせれば そのインパクトは小さくなるはずですそれでも季節性インフルエンザの10倍程度ですが???感染者からの伝染による急激な感染者の増加は回避した方が引き延ばしやすくなりますので検査による感染者の特定はポイントになるのではと思います偽陽性、偽陰性があったとしてもです やはり防災上は どれだけ引き延ばせるかということを考えた方が良いのではと個人的には思います選択肢が限られているので???あくまでも仮定に基づく試算です?個人の意見に過ぎません

  • mistval/edict 競馬ファン言う人馬愛や絆ある
  • よくあるご相談事例 現在病院で入院ており回復ているのの麻
  • 母を見捨て 主人話合いかで車種決めるのでなく自分の希望で
  • WEBアニメスタイル 哀みのベラドンナいうアニメ映画でそ
  • 預金封鎖: 預金封鎖で取り上げる体制整った大丈夫だ
  •  Leave a Reply

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です