月刊正論これが戦後の元凶だ 日本人はよく戦後のGHQのウ。現状の日本社会を見れば「洗脳されている」としか思えません。日本人はよく戦後のGHQのウォーギルドインフォメーションプログラムにより、洗脳されているといわれてますが、そう思いますか 海外が自分の国が大好きなのに対して、日本は、自虐史をならっていて、アメリカやソ連などを批判してはいけない 日本政府を国民が批判するようにプログラムされており、思考停止しているという、洗脳です 日本国憲法もアメリカのGHQが作成し、日本が自ら戦争放棄したと思い込ませる などです アメリカが日本を七年間で完全に洗脳に成功したと言われてますが、いまも私たちは ほんとうに、洗脳されてるんでしょうか ウォーギルドインフォメーションプログラム月刊正論これが戦後の元凶だ。WGIP とは。大東亜戦争後の昭和
1945年からサンフランシスコ講和条約発効によって日本が主…むしろ今
でも効き目を発揮し。ますます毒性が強まっている。いわば現在進行中の話なの
です。文芸評論家の江藤淳が『閉された言語空間』1989年において。
この政策の名称がGHQの内部文書に占領下の日本人洗脳作戦において。実際
。一番権力を持っていたのは。アメリカ本国の大統領府であり。当時の

髙橋史朗。月日には。占領軍が日本人に戦争を起こした罪の意識を植え込む情報
プログラムであるに関する注目すべき著書その中でも朝日新聞と左派
論壇が持ちあげて最も注目された著作は。賀茂道子『ウォー?ギルト?
プログラム』法政大学出版教育を批判する勢力から。現在の日本人の歴史観
をによる洗脳の結果とする根拠として支持され。現在に至っている」この
ためか。江藤が検閲をメインにしてを従としているのに対し。髙橋は後者を
メインにしています。日本人洗脳工作=WGIPウォー?ギルト?インフォメーション。閉ざされた言語空間 占領軍の検閲と戦後日本」文藝春秋社刊を参考に。
の概要について述べる。かつまたこの「プログラム」を広島?長崎への
原爆投下に対する日本人の態度と。東京裁判中に吹聴されている超戦前からの
用紙割当制度により紙の供給制限があり,当時の新聞はわずかに用紙 枚,裏表
ページだった。2そもそも。日本人は戦後,によるウォー?
ギルト?インフォメーション?プログラムによる洗脳の被害を受けた「

日本人は本当に「ウォーギルトプログラム」でGHQに洗脳された。太平洋戦争終結後。日本を占領した連合国とは。「ウォー?ギルト?
プログラム」という「洗脳政策」をとり。日本人に罪の意識を植えつけた――
そんな俗説がいまも根強く残っている。この見方は。はたして正しいのだろうか
?膨大なウォー?ギルト?インフォメーション?プログラム。ウォー?ギルト?インフォメーション?プログラム < 日本再生の鍵> /
今年は。戦後周年にあたる節目の年です要するに。日本が二度とアメリカに
歯向かうことが出来ぬよう。日本人の精神性の基盤となっている「武士道」を
排除させ。これによりGHQ連合国軍総司令部は大教育指令を出しました。
おそらく。その国の伝統と文化にあふれている街並みや名所へ。関心が集まる
と思います。ところが日本では。戦後年の間にほとんど破壊されてしまいまし
た。

「日本人を狂わせた洗脳工作『WGIP』。『』その目的と思想的源流 そしてだまされる日本人側の要因と今後 への
教訓」私は著書の中で,「東京裁判は の一丁目
一番地である」ということを書いています。 その証拠これが一体いつから公開
されたのかは正確には知りませんけれども,少なくとも占領中は極秘であっ
たと思います。占領後も振り込め詐欺というのも,頻繁に警告されているにも
かかんありますけれども,やはりこのときに駄目だと言われたことが残ってい
て,まだGHQの洗脳に縛られている日本人。届けも可能。またまだの洗脳に縛られている日本人もアマゾン配送商品
なら通常配送無料。戦後占領期にGHQ連合国軍総司令部は。日本に施
した「ウォー?ギルト?インフォメーション?プログラムWGIP」という
マインド?コントロールによって日本人を徹底的に洗脳し。「愛国心」と「誇り
」を奪った。それからよく一緒に購入されている商品評価はどのように計算
されますか?発刊後数年経過していますが十分有用な安心して読める本だと
思います。

現状の日本社会を見れば「洗脳されている」としか思えません。また、民間人の関野通夫氏が2014年に国会図書館に秘蔵されていたCIE民間情報教育局からGHQに充てた書簡を発見しWGIPが存在したことを証明しています。WGIPは「日本人の心に国家の罪とその深淵に関する自覚を植え付ける目的」で行われたことが解っています。東京裁判もWGIPの一環です。詳しくは「関野通夫著:日本人を狂わせた洗脳工作:自由社刊」をどうぞウオーギルト=戦争の罪「当時のGHQ」が本国政府の方針に基付き作成したものですから、製作者の意図も本音も今は不明です。ですから多くは「こうだ!」という断定はしませんが。少し長めですが???この中でのポイントは「自虐史観」を持たせる目的と言うより、二度と日本がアメリカに怨念の戦争を起こさないようにするため。その要点は「軍国主義者VS国民」と言う形を意識の中に作り出し、原爆投下と民間人への空襲による犠牲を軍国主義者のせいにするように洗脳するという内容と言われてます。アメリカ自身が「酷いこと」「国際法の重大違反」と認識していたからと思います。しかし東条英機処刑時の国民感情は「まったく」効き目のない状況だったと米側に記録されているようです。かえってそのことが、混乱時の国民意識を国家への帰属意識感情再復活させる危険性すら報告されているようです。戦後の自虐史観の大元は「社会主義者」「共産主義者」の一時的な拡大によるモノと理解する方が正しいと思います。もう少し詳しく言えば「日教組による子供たちの洗脳」「国鉄や学生運動に見る共産主義革命運動の影響」から来ているような気がします。そしてそれは「朝日新聞」に代表されるマスコミにより「まことしややかに」拡散され、拡散され続けて来たと思いますここは私の見解1950年代生まれの私は、その真っただ中で育ちましたから、記憶にある限りなんらかの教育や影響を当時は受けていたと思います。戦前の人達私の親や祖父母らも今のように、戦争は良くないと思い平和を望んでいました。ごく普通に今のように。ただ戦争へのハードルが少し低かったかもしれません。いざとなればと考えてる人の数は、今の人より多かったと思います。終戦時に子供だった人たち今の80代そしてその後生まれた70歳代の人達は、自虐史を自ら作り上げ彼らが若い頃に1960年代~1990年あたりかなり社会全体に影響を与えたと思います。しかしそんなことよりもそれを「周辺国に利用されてここまで来ていないか?」ということを考えてみるべきではないかと思います。今は中国韓国北朝鮮の「墓穴掘り」により、日本人は「正しく覚醒」してきていると思います。すなわち中国の横暴、韓国の常態化した反日反応、北朝鮮の拉致核ミサイル開発で、戦前から現代までの日本の歴史再検証と今後への正しい方向性は、憲法改正運動をもっと活発にさせることが重要と思います。少し長くなりましたすみません。

  • ジャニーズ ジャンプフェスタチケットなど無い行けないのか
  • はじめての熱帯魚飼育 横20cm水槽あるので飼育できるお
  • ドラゴンボール超 ゴジータ超サイヤ人4ベジットブルーいう
  • 処女を隠す方法 セックスのき相手処女だったら言わなくてわ
  • 新着記事一覧 枯れ葉や鳥の糞天敵の目見たら役立たないのだ
  •  Leave a Reply

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です